自由な人のブログ

創作をする人に憧れている事務をしている人間のつれづれ

 

 

わたしは、浮気をされたことがない

 

もしくは気づいていない

 

だから浮気をされた人の気持ちは分からない

 

 

 

傷つくのだろう

だけど仕方ない

私もつらい

 

そう開き直ってきた

 

けれど

 

わたしが想像していたより、わたしの大切な人を傷つけてしまっていたのだろう

 

ううん

想像なんてしてなかったんだ

無知だったんだ

無知であなたを傷つけた

 

 

 

 

逃げたい

現実から逃げたい

 

だから浮気をする

 

けれど

あなたを失うことが、傷つけることが1番つらい

 

だからやめるね

 

気づくのが遅くなってしまって、ごめんなさい

 

こんなに愛している人に出会えて嬉しい

愛しています

 

 

透明なドロップ

f:id:gateau24:20170629194936j:image

 

 

愛しているという言葉を、軽々しく使う人が嫌いだ

 

問い詰めると、黙る人が嫌いだ

 

卑怯だと思う

こちらばかりたくさん怒って、疲れて

 

 

 

 

 

 

母親から、「お母さんに何かできることあるかな?」と言われたので、「お金送れないならないね」と返答しました

 

つめたい?

 

でもね、ないんだ

 

私も上京して7年

海がない生活をしている

 

平気なんだ

あなたがいなくても、生きていけてるからわたし

 

だから、あなたにできることなんて何もないよ

 

 

そう思いました

 

 

f:id:gateau24:20170629195301j:image

 

 

とっても可愛いグラス!

 

 

 

 

バンビーナ

f:id:gateau24:20170617200817j:image

 

 

ずいぶんとサボってましたね

 

 

転職活動が辛すぎてご飯が食べられなくなり、3キロくらい痩せ、今日はとくの誕生日です(省略しすぎ)

 

 

 

f:id:gateau24:20170617200949j:image

 

 

恵比寿、よきところ。

 

 

はやく財布届かないかなあ

 

 

最近みた映画

 

噂のモーガン夫妻(半分)

ウルヴァリン

xメン ヒューチャー&パスト

夏の終わり

フォーカス

永い言い訳

 

 

明日はローガンを見にいく予定、、

 

来週月曜から引き続きです。

 

f:id:gateau24:20170617201326j:image

 

 

さよなら

 

無題

f:id:gateau24:20170503195901j:image

 

萌に会いました

 

彼女は、栄養士をしているんだけども

思春期の頃、摂食障害だったから目指したんだと言ってました

 

彼女は自立してました

 

いろんなことを話したけれど、私はまだまだ誰のお母さんにも嫁にもなることはなくて、

 

自分の人生を生きたいのだと思ったよ

 

誰かを攻撃するわけではなく

 

でも、自分の芯をしっかりと

 

f:id:gateau24:20170503200228j:image

 

 

 

はー、働きたくない。笑

 

 

 

LUNCH

f:id:gateau24:20170422150800j:image

 

 

いまや映画は私の一部だ

 

 

あの映画のような恋愛をしたい、とか

ヒロインに似た髪型にしたい、とか

あの朝食をつくりたい、など

 

すごく自然に生活の一部となっている

 

 

 

 

映画を見始めたのは大学のときで、小さい頃はぜんっぜん見てなかった

 

いま思うと、あの多感な時期に見てたら今と違う人生があったのかな、くらいに思う

 

でも、男女のこととか仕事のこととか分からないからなー

 

 

 

 

 

 

 

今日、サウルの息子という映画をみた

カメラのアングルが独特で、めちゃくちゃ感情移入してしまい、落ち込んだ。

 

アウシュビッツの話です

とっても悲しかった

 

 

ヨーロッパ人は戦争の話をしたがらないだろうから、一生話すことはないんだろうなと思いながら

 

いつか聞かれた時のために答えは用意してある

 

日本は第二次世界大戦ではありえないことをした

たくさんの人を殺した

それは事実だし、私たちは過去から学ぶべきだ

 

 

でもそれはアメリカもヨーロッパも同じ

正しい戦争なんてない

 

人を殺すのに正しい理由なんてない

感情ではなく、揺るがない事実だと思う

 

 

 

f:id:gateau24:20170422202020j:image

 

 

⇧今日のお昼

 

 

からしはつけますか?

f:id:gateau24:20170416110622j:image

 

 

 

高校の時の担任は、その高校をでて付属大学をでて、一度東京に就職した人間だった

私はわざわざ宮崎に戻ってきた理由がわからなくて、理由を聞いてみたことがある

給料はよかったけどねー、性にあわなかったんだよ
彼はそういった

 

性に合わないってどういうこと?優秀な人間にあぶれてかえってきたってこと?
当時のわたしにはそんな風にしか考えられなかった

 

 

東京で生まれ育ってその高校に就職した人もいたが、到底理解できなかった
ちなみに今でも理解できない

 

 

 

 

 

 

 

 

私が子供が欲しくない理由を考えたとき、母親みたいになりたくないというのが最初に浮かぶ

 

弟にとっては苦労して育ててくれた親らしいけど、私は彼女のボロボロになるまではき倒した下着がいやでたまらなかった

彼女は、生きる理由として子育てを利用したのだ
そんな風に思ってしまう

 

 

 

 

他にやりたい仕事も父親と別れられる理由も見当たらなかった
だから子供のためだと言い聞かせて生きた

 

冷たい人間だろうが、私はそんな生き方はずるくてつまらないなあと思ってしまう

子供のことだと思うことで我慢もできただろうが、彼女は考えることをやめたのだ
私は子供のためにがんばっている、お母さんだとそれだけを言い聞かせて

 

 

 

 

 

私もそんな風に生きられればどんなに楽だろう

 

うらやましい

 

 

 

 

これは皮肉だけれども