自由な人のブログ

創作をする人に憧れている事務をしている人間のつれづれ

日記帳

 

星野源のスカート、めちゃくちゃいいですね。

彼のことは大好きだけど、正直弾き語りってとっつきにくくてあんまり過去の音楽聞いてなかった。

 

今日珍しくお勉強するにあたりPCでシャッフルしてて発見しました。

 

iPhoneの容量がなくて移せないんだよなあ。

またお勉強するときに聞けばいいか。

 

 

 

さきほど江戸川乱歩の「日記帳」を読んで鳥肌立ちました。

 

青空文庫の存在を知らなかったやー

ちなみに守鍬刈雄さん(Youtuber)の動画で知りました。

一応URLはっときます

守鍬 刈雄のお暇なら映画でも - YouTube

 

 

あと映画は「屍者の帝国」を見ました

とてもよかった

今日は文化的な一日だったなー

 

今週久々に実家に帰省します

母親が誕生日だったのでシフォンケーキでも焼こうかと思っております。

 

 

 

スカート / 星野源

日差しの中で紅い瞼透ける
微睡みながら埃は光り舞う

まるで子供の頃の春のように
見るものすべて輝いているよう

 

電波からのサイン 少し無視したら
時間の河を 下るのか上るのか

 

何もない日々よ
幸福も今はいらぬ
仕事を預けて
昼飯食べる

 

耳元にはサイン 瞳見つめたら
暗やむ身体 潜るのか登るのか

 

何もない日々よ
スカートの中に入れて
痛みを預けて
春に手を振る

 

何もない日々よ
さようなら また逢うまで
おやすみ あなたよ
ドアノブを掴んだら
仕事に行こう

 

Karuizawa, met you.

 

やはり私には都会暮らしが向いてなかったのではとひしひしと感じる。

もうすぐ引っ越して6か月なわけだけど(早い!)、最近は音楽も楽しめるようになってきた。

 

都内にいたころ、音楽は雑音を消すための手段でしかなかった。

新しい音楽を開拓する精神的余裕もなかったし、好きな曲を聞いても心が動いてないなあと感じてた。

 

テラスハウスを見返したら軽井沢に住んでみたくなってきた・・。ミーハーです。

東京は美術展とかよくよくやるからやっぱりたまには行きたいんだよね。

東京まで75分だそうです、めっちゃ近い!

 

ただ、車必須ですね。

ローン組めないからかなりの覚悟が必要だ・・。

 

幼いころは海しかほとんど知らなかったからか、ずっと海が好きだったけど(今も好きだけど)、今は森林もすごく好きなんだよなあ。

 

大人になるって、意外と面白いもんですね。

 

ジャスミン茶とか珈琲とかシナモンとかトマトとか、

昔苦手だったものは慣れで克服ってかもはや好きになりました

 

味覚って慣れなんじゃないかという仮定。

慣れてないものは脳が拒絶するんじゃないかな。いやめちゃくちゃ適当です。

でもゴーヤだけはむり・・苦すぎ。あとクラフトビール

 

ビールと言えばよなよなエール飲んだことないんだよなあ。

今度買ってみよ!

 

 

 

 

 

子供のこころは確かに柔らかくて繊細で美しいけど、

大人になったからって完全に消えちゃうわけじゃないんですね。

 

人それぞれ。

私は繊細なこころを守りたいと思います。

 

今週中に仕事決まりますように・・。

 

No.13 / ELLEGARDEN

September 9th It's a sunny day
9月9日 晴れ

The smell of summer is still in the air
夏の香りがまだ空気中に残っている

Your pirate ship has sailed away
君の海賊船は航海している

I'm not so sure what you've been up to
どこへ向かっているのかは知らない


I give up trying to stop you
君を引き止めるのは諦めるよ

Instead I keep watching over you things
代わりに君を見守る

You always have a home here
いつでも君がここに帰れるように

You won't fail me though you come back with empty hands
たとえ手ぶらで帰ってきても構わない

 

 

I'm waiting here You might not be back
ここで待ち続ける 君は戻ってこないかもしれないけど

I don't think I'm irrational
馬鹿げているんだなんて思わない

I'm waiting here You might not be back
ここで待ち続けるよ 君は戻ってこないかもしれないけど

I'm still at No.13
13番地で待ち続けているんだ

 

Your sails are full The coast is clear
帆を広げている 視界は良好

You have no doubts Your ship won't strand
船が座礁するだなんて疑ってもいない

The trouble with you is you take too many chances
多くのチャンスを掴みにいってしまうことはあなたの難点だけど

But that is also your strength
それが君の強さでもある


I'm often anxious
ときどき心配にもなるけれど

But I know you will make it through in a high wind
強風に煽られてもきっと君なら上手くやれるって信じている

Though you face a dead-end
行き詰まったとしてもね


I'm waiting here You might not be back
ここで待ち続ける 君は戻ってこないかもしれないけど

I don't think I'm irrational
馬鹿げているんだなんて思わない

I'm waiting here You might not be back
ここで待ち続けるんだ 君は戻ってこないかもしれないけど

I'm still at No.13
13番地で待ち続けているんだ


Oh you said you're not gonna back [x2]
君は戻ってくるつもりはないって言っていた


I give up trying to stop you
君を引き止めるのは諦める

Instead I keep watching over you things
代わりに君を見守ることにする

You always have a home here
いつでも君がここに帰れるように

You won't fail me though you come back with empty hands
もしも手ぶらで帰ってきても構わない

I'm waiting here You might not be back
ここで待ち続ける 君は戻ってこないかもしれないけど

I don't think I'm irrational
馬鹿げているんだなんて思わない

I'm waiting here You might not be back
ここで待ち続けるんだ 君は戻ってこないかもしれないけど

I'm still at No.13
13番地でまだ待ち続けているんだ

I どんわな work.

働きたくない。

一体どうしたことだろう。もしかしたら、まあ、私を昔から知ってる人は「やっぱり」と思うかもしれないが、働きたくないと実感している。

 

やっぱり休みすぎはよくないね。

ネットフリックスさえあれば一日中怠けていられる性格だから、引きこもりが苦痛じゃないから、無職に甘んじてしまう。

 

(ネットフリックスで最近見た映画、「スウィート17モンスター」めちゃくちゃよかった・・。)

 

 

 

 

先日の選挙も行かなかった。

言い訳する気はない。さんざん文句言っておきながら、選挙に行かないのがダサいってこともわかってるつもりだ。理由は特にない、だるかったんだ。私の1票で何か変わる気がしないほどには絶望している。はっきり言ってそれどころじゃアない。私はもう目の前の生活が破綻しているのだ。誰かこの目の前の生活をどうにかしてほしい。気持ち的にはもうホームレスと同じ気持ちだ。

 

 

 

 

 

 

 

ハライチの岩井さんにはまっている。

 

ラジオ聞いたり。コラム読んだり。

ヴァイオレットエヴァーガーデン見なきゃ。

 

顔もかっこいいな思う。あと、三四郎の小宮さんも最近かわいくて仕方ない。笑

そう、テレ東のあの番組の影響です。

 

 

 

 

 

 

ほんと、書かなくていい日記ばかり書いてるなあ。

でもメモ代わりということで。

 

最近のこと本当によく忘れる。でも、忘れるのは自己防衛だと認識してる。死にたくなったときの気持ちとか、いつまでも覚えてたら苦しくて仕方ないもんな。

 

誰だって、好きで死にたくはならないと思うけど、自殺は悪だって簡単に言っちゃうのは何故なんだろうか。

 

そういうテーマの文化に1ミリも心動かされない。

みんな生きられるなら生きたいに決まってるじゃん。しんどいんだよ。しんどいといった人にどれだけの人が言葉をかけてあげられるんだよ。

 

実際に言ったら引くくせに。じゃあ言わないで死ぬでしょそりゃ。

敏感なひとから順番に死ぬんだよ。

 

 

 

そういう負の感情をエネルギーに変えられる人間はすごい。

そしてできなくて愚痴ばっかり言ってる自分はダサい。

進撃の巨人が大好きなんだけど、アニメ何周もしてるのに毎回違うシーンの違うキャラに感情移入して泣いてしまう。

 

作者の情熱大陸見たんだけど、めちゃくちゃちゃんとしてる人だったんだよね。

田舎からでていった人。それも九州。

 

比べるのもおこがましいけど、あんなかっこいい作品に自分のエネルギー使えるなんてほんとかっこいいな~

 

キャラクターで言うと、ジャンが好きです。

多分少数派?笑 正直で、人間らしくて好きです。

でも進撃は人気キャラも容赦なく死ぬので、ハラハラしますね。

 

じゃあもう一回寝るのに挑戦します

今日は食料品の買い出しすらだるくていけてない、お腹すいた・・。笑

 

 

 

 

どぶねずみみたいに

 

事務兼保育補助の書類審査に落ちた。

 

連絡がなかったので、落ちたんだろうと覚悟はしていたけれど、届いた書類をすぐに見ないと気が済まず、そして見て落ち込んだ。

 

正直、書類審査は通るだろうと思っていた。

 

落ちた理由かなと思われる理由ピックアップ・・。

①まあまあ大きい会社なのでわたしの身分調査をして何か気に入らなかった

②添え状を添えて郵送しなかった

③字が汚かった

 

 

・・うん。①はわたしの予想で、②と③はネットで調べたら出てきました。

 

①だったとしたら、まあ仕方がないかなと思う。ボーナスも決して少なくはないし。慎重になるのは当たり前だろう。

 

でも、②や③だったら・・?

めちゃくちゃどうでもよくない?そんなことで、面接すらしないんだ、あー、そうなんだ。

 

あと、不動産会社は不採用の連絡すらしてこないです。こっちは待ってるのにね。

 

 

 

適性検査で、正確判断みたいな質問をたくさんされたんですが、「風邪をひいたことがない」→あてはまる ややあてはまる ややあてはまらない あてはまらない みたいなくだらない質問ばかりされて、ほんと疲れた。

 

質問でも「健康状態はどうですか」って聞かれたし。

もし採用したい性格のタイプとか外見とかが人事のイメージとしてあるなら、最初からそれを公言してふるいにかければいいのに。

 

わたしはきっと建前がすごくすごく苦手なんだなあ。

だってどうでもよくないですか?仕事できればそれでよくないですか?風邪をひいてほしくないなら、メンタル強い人しか雇いたくないなら、AIにやらせればよくないですか?

 

誰かはやく正直にいってほしい。

貧乏の元にうまれた人間は這い上がることすら許されないんだって。

きれいごとばっかり言ってないで、自分の口を汚してそう言ってみてよ。

 

這い上がろうとするたびに、何かに足を引っ張られる。

 

もちろん、育てがよくて、都内育ちの人だって大変なのはわかってる。

でも、スタート地点はわたしよりだいぶ前だよね。

 

もう、嫌だ。

いいことなんてひとつもない。生きてて救われることなんてない。

 

生きることすら辛いのに仕事なんてしたくないから、すべてのことがどうでもいいと思っちゃってるのが顔に出ちゃって採用されないのかな。

 

だってしょうがないじゃん死にたいんだから。

今日久々にまいって「いのちの電話」にかけようか迷ったけどばからしくてやめた。

 

つながりにくいのは政府が本気で自殺者を減らそうとしてないからだ。

こんなに自殺者が多い国ないんだから、対策しなきゃいけないのに。

一応「かたち」だけ窓口を作ってる。

社会人になってそういう職場をたくさん見てきた。

 

 

バカバカしすぎる。他人が死のうが知ったこっちゃないよって思ってるならそういえばいいのに。いや、もうむしろ口に出して大声で私が叫びたい。誰もやらないなら私がやりたい。

 

 

 

 

母親にちょくちょく「そんなおしゃれしてる暇(お金)あったら貯金でもしなさい」なんていう趣旨のことを言われる。例えば、セルフネイルしてたりとか。

 

最近知ったんだけど、電気とか医療とか生活にないと支障がでるものを「文明」、死にはしないけれど生活を潤してくれるものを「文化」というらしい。

 

それでいうと、確かにネイルは必要ないものだ。でも、私は毎日一人で生活してる。仕事もしてないから、まあしてたとしても人と話すとかほとんどないし、正直、息苦しい。

 

だから安いネイルを買って自分で爪に塗って自分の機嫌を自分でとっているのだ。

 

それのどこが悪いんだろう。

 

あと、よく聞くやつに「大学いったのにスーパーのレジ打ちの仕事やってる」とかもありますが、別に好きな仕事したらいいでしょうよ。と聞くたびにため息をついてしまう。

 

大学は経歴だけじゃなくて文化を学ぶ場所であるはずなのに・・。

 

はい、でもここまで言ったことすべて負け惜しみなんですよねみなさまからすれば。

モテキで太っちゃった幸雄くんがブログ書いてたのふと思い出しました。

 

 

 

 

死にたいなあと思って泣いたときに、永野先生がくれたメールの「これまでたくさん泣いたと思うので、これからはたくさん笑ってください」という言葉を思い出した。

 

真っ暗なトンネルの、たった一筋の希望が過去の言葉から伸びている。

 

わたしまだたくさん笑ってない。先生がくれた言葉、生かしてくれたいのち。

私も誰か繊細で傷ついてばかりの子を抱きしめてあげたい。

 

それまでは死ねない。

 

 

 

 

死ねないけれど、仕事どうしようかなあ・・。

 

 

 

 

 

instagram

f:id:gateau24:20190716235720j:image

 

どうしても消せない写真が何枚かインスタにあった

これよく撮れたなとか

この場所好きだったなとか

 

 

それをえいっといまさっき消した

思い切りは大切だ

現像した写真は捨てない

捨てたくなかったら現像しようという話だ

 

 

 

生理が重すぎてピル服用を決意した7/16