自由な人のブログ

創作をする人に憧れている事務をしている人間のつれづれ

tear

f:id:gateau24:20180809192702j:image

 

ついに脚をかきむしっていくつか傷を作ってしまった。今年、気をつけていたのでなかったのになあ。

 

単純に痛い、跡にならないか心配だ...

 

 

 

 

 

知らず知らずのうちに、ストレスを感じてるのだと思った。

 

なかなか寝付けず、お腹が痛く、

 

でも生理がきたことで、ちょっとずつよくなるといいな。

 

ふと、一人暮らしをイメージすると、とくとの別れを想像して悲しくなる。

 

昨日、ビューティフルマインドを見た

 

主人公が踏ん張って人生を生きていて、最後の30分間はずっと泣いていた。

 

わたしにとってとくは、戦友みたいなもの。たくさんの悲しく辛い時間を共有してきた家族でもあり、大親友。

 

だからその人がいなくなるのは、心の中に穴ができるみたいだ。

 

わたしは友人に病気のことを悲しく話したりはしない。なるべく語らないし、聞かれたらなかなか眠れないんだよね!くらいにしておく

 

でもそれは、とくがいたからできることだ。

 

一人で病気に立ち向かうことが、不安で怖くて悲しい。

 

はやくこの世界が、もっとマイノリティに優しくなりますように。

 

今日はあんまり考えごとをするのはやめておこう。

 

ただ、ビューティフルマインドはおススメです!