自由な人のブログ

創作をする人に憧れている事務をしている人間のつれづれ

映画「ルーム」を観て

 

 

f:id:gateau24:20180612222131j:image

 

多分1年前にみたきり、2回目。

 

監禁されて、子ども産んだ女性が外に出て2人で頑張っていく話。

 

決して明るいストーリーではないけれど。救いがないわけじゃないし、わたしこういう映画好きですよ。

 

ジャックにとっては、小さな監禁部屋だけが世界で。それは、まるで普通の子どもの視界と同じ、自分の親と、学校のようで。

 

子どもの視点で自分を重ねてしまう。

 

ジャックは、外に出て、世界は自分を急かすって言ってる。はやく、はやく、もっとスピードアップして。

 

それは、最近電車のつり革にすら広告が出されるようになってうんざり、戸惑っている自分の心に似ていた。

 

情報量が多いと疲れてしまう。

自分の芯がないと急かされるとくたびれてしまう。

 

 

 

 

 

 

最近、金原ひとみのインタビューを読みました。

 

言葉が素直にすとん、と落ちてきました。

生きるのが楽しい人ばかりじゃない

辛い

でも、生きていくなら、マシな選択をしていく。

 

別に生きてるのがハッピーじゃなくてもいい。

 

ストンときた。

 

 

 

f:id:gateau24:20180612222913j:image

 

10-18時の一般事務の派遣の顔合わせ、明後日木曜日。

 

ちょっとずつ歩くね。