自由な人のブログ

創作をする人に憧れている事務をしている人間のつれづれ

すいかの匂い

f:id:gateau24:20160924141141j:image

 

 

久々に図書館へ

 

雨が降ってきたけれど、なかなか図書館にいこう!という気になる日は少ないので、えいやっと。

 

駅までとさほど変わらないはずなのに、慣れてない道だから?遠く感じるね

 

 

 

 

図書館には、なんとなく、いいレシピ本は置いていない気がする。わかっていても毎回探す。

 

思えば、レシピ本読むの小さい頃から好きだったなあ。台所を思う通りに使えなかったころから。

 

今では、私のもの!

全て私の意志で決められる!

でもそれってたまにしんどい。

 

川上未映子のヘヴンがずーっと読み返したかったから借りた。そういう本たくさんあるなあ。

 

いろいろ見て、ああ借りたいやつなかったらこれ借りようって思ってるんだけど、すぐ5冊になる。

 

昔から、文庫本より単行本派だなあ。

重いのに。何故だろう。

読みやすいからかなあ。

 

やっぱり女性の作家の本ばかりになる

 

 

レシピ本一冊、江國香織西加奈子川上未映子窪美澄

 

 

 

 

 

図書館に行くと、自分の芯に近い部分に触れている気持ちになる。中学のときから、この、本を選ぶという行為を何度となくやってきたからかな。

 

今は欲しい本はすぐ買えるけど。。

(いや場所がないから買わないけどね!)

 

子どものころは買えなかったから。

あの頃大事に何度も読んだ本を並べて満足するうちの本棚。

 

並べてあるだけでなかなか手にとらなくなった本棚。

 

 

 

 

草加に比べて、今の図書館は人が少ないのもよい。情報量が多い場所なのに、全然頭ぐちゃぐちゃにならない。

 

不思議な場所だねえ。